山好会の活動

山好会では、主に地域クラブの担当で登山やハイキングを中心に年間70回ほどの山行例会・学習会・イベントを実施しています。他に専門委員会があり、さまざまな活動を行なっています。山行例会では、何よりも事故ゼロを最優先させています。
そのために山行例会では、必ず下見をするとともに、以下のことに務めています。
   @事前研究を綿密にする。
   A体力面・技術面で無理をしない。
   B天候の変化に対する冷静な判断と沈着な行動。
   C山行は競争ではなく、ゆっくり登って安全の確認と自然を楽しむ余裕を持つ。
   Dリーダーの総合力とメンバーシップの向上に努めています。
活動計画、実施報告は毎月の「山好会会報」に掲載されます。
会員であれば、会が行うすべての行事、例会に参加することができます。

●幹事会、専門委員会主催の行事
山好会会員を対象とした行事を「幹事会」「専門委員会」「実行委員会」が主催、または各クラブと共催して実施します。
 ・「山の祭典(注)」2泊3日程度の登山を計画します。
  (注)「山の祭典」はスポーツ連盟三重が三重県スポーツ祭典として主催し、
     山好会が主管として実施しています。
 ・「百名山登山」毎年、いくつかの「百名山」登山を計画、実施します。
 ・「安全講習会」安全な登山を行うための講習会(ケガなどの救急処置、低体温症
   対策など)を企画、実施します。
 ・「技術学習例会」登山に必要な知識(ロープワーク、地図の見かた、コンパスの
   使い方など)の机上学習、実習例会を行います。
 ・「自然保護」自然保護をテーマとした行事や山行を計画、実施します。
 ・「新入会員歓迎山行」新たに入会された会員を歓迎するため、行事や山行を実施
   します。

●各クラブ主催の山行例会
各クラブでメンバーの総意で作成した年間計画に基づき、各月の計画を実施します。(年間計画は毎年2月に開催される総会で決定します)
例会の内容は目的別に計画されます。
 ・「一般山行例会」年間計画に基づく通常の例会です。
 ・「クリーン例会」登山道の整備、清掃を行います。
 ・「ゆったり・里山例会」「安全で楽しい山歩きを90歳まで」を目標に里山を
   ゆっくり歩いたり、山の多方面の魅力を楽しむために、地域の歴史や文化を知る
   企画を計画します。
  (例えば、名所旧跡の散策や鑑賞を取り入れた例会など)
 ・「平日山行例会」土、日曜日が勤務の方も参加できるように平日の山行例会を計
   画します。
 ・「トレーニング山行例会」「山の祭典」参加者の仲間作りと登山の技術や経験、
   用具の点検などを兼ねて実施されます。


山好会で一緒に山登りをしましょう!!